初代iPhoneの特徴

初代iPhoneは、日本では販売されていませんでした。そのため、一体どのようなデザインなのか、いまいちイメージがつかめないものです。このiPhoneは2007年当時のCEOであったスティーブ・ジョブズによってリリースされた製品なのですが、画期的な製品という点で多くの方々から注目を浴びていました。

製品のサイズから言えば、ディスプレイは4センチにも満たないぐらい小さかったのです。ここ最近出回っているタイプのiPhoneからすれば、1周り以上小さいと言っても過言ではありません。今から初代iPhoneを初めて目にするとすれば、おもちゃのような印象を受けることでしょう。ディスプレイを指に触れることで各種操作を行うのが、どのiPhoneにも共通している要素ですが、初代iPhoneもこのような操作が可能だったのです。

当時日本ではガラケーが常識だったこともあり、iPhoneの特徴であるタッチパネルはなかなか受け入れられませんでした。その反面、アメリカでは何としても初代iPhoneを手に入れたいと、長蛇の列ができたこともあります。 これまでの携帯電話の常識を裏返す初代iPhone。この新製品のリリースを機に、今後は日本でもiPhoneが広がるようになります。