iPhone3Gの特徴

初代iPhoneの進化版であるiPhone3Gが販売されたのは、2008年の話です。この時は初代iPhoneの時とは違い、アメリカのみならず日本でも販売されました。多くの専門家は、「日本ではiPhoneが流行る可能性は低い」と予想していたのですが、良い意味でその予想は裏切られたのです。日本各地では、iPhone3Gを購入したいと多くの人たちでにぎわいました。中には長蛇の列ができたり、あるいはすぐに完売することも、決して珍しくなかったと言われています。

今では色々な場所にAppStoreがありますが、このお店もiPhone3Gのリリースと共に広まりました。ただし、当時のアップル社のルールとして、「日本であれ他の国であれ、iPhoneを取り扱って良いのは1社のキャリアのみに限定する」という決まりが定められていたのです。あの孫正義さんがsoftbankをiPhone取扱事業業者として選定したのですが、これを機に「softbankと言えばiPhone」という図式が出来上がったぐらいです。

softbankで扱っていたiPhone3Gは、GPSチップが内蔵されている点にあります。このチップのおかげで、位置情報を確認できるアプリが登場しました。また、動画での撮影もできる点も、ユーザーに喜ばれていました。 iPhone3Gの登場は、アメリカのみならず世界に大きな影響を与えたのです。同時に日本のユーザーがiPhoneの利便性に気づくようになったのは、ちょうどこの頃からです。