iPhone4の特徴

初代iPhoneが登場してからiPhone4がリリースするまで、約8年の年月が経過しています。その分、iPhoneも大きく進化を遂げてきました。iPhone4は機能面でも利便性でも大きく改善され、それが顧客満足に繋がっています。では、2010年に登場したiPhone4の特徴について見てみましょう。

まず、iPhone4の形は四角くて洗練されたイメージがあります。ガラスでできたパネルの中に金属製のフレームが挟まっているため、どこか優雅な印象を感じることでしょう。前面にカメラが取り付けられたので、自撮りをすることも可能。しかもディスプレイも美しくできていて、それについつい見とれてしまう人々も多かったです。しかしながら、iPhone4に電波が上手く入ってこないと言った問題も起こり、他社のキャリアでも同じようなケースが相次ぎました。

この後電波の問題は上手く落ち着き、iPhone4への人気は安定していきます。2011年にはiPhone4Sが登場し、音声機能や800万画素のカメラを搭載しているという点で、大きな人気を博すに至るです。 iPhone4は、自撮りや音声機能、高画質のカメラなど、嬉しい機能を備えています。こういった機能が、付加価値として認められたのです。