初代iPhoneからiPhone4までの進化

iPhoneは今では人々の生活必需品として、至るところで重宝されています。初代iPhoneがリリースされた当時のCEO、スティーブ・ジョブズのこだわりが現れているという点で、アメリカでは当時から人気でした。iPhone3GやiPhone4など、初代iPhoneの進化バージョンが出回ることになりますが、これらの機種もiPhoneユーザーには絶大な信頼が置かれています。

初代iPhoneは、2007年にリリースされます。大きさからすれば、4センチもなく、おもちゃのような外見でした。それにも関わらず、これまでの携帯にはない画期的な製品であるという点で、人々から注目を浴びていたのです。ディスプレイをタッチするような機能も、当時では物珍しかったのでしょう。初代iPhoneはアメリカのみで販売されましたが、この後にリリースされるiPhone3GやiPhone4は、日本でも注目されます。iPhone3Gは、GPSチップと動画撮影機能が新しく搭載されました。GPSチップで現在位置を確認でき、動画撮影機能で楽しい想い出を上手く編集することが可能になったのです。

この後に販売されるiPhone4は、優雅で洗練された外見が、人々の心を捉えます。同時に機種の前面にカメラが新しくついたことから、自撮りをすることもできるようになり、ユーザー目線での利便性に大きく変化をもたらしました。 こちらのサイトでは、初代iPhoneからiPhone4までの進化について紹介。iPhoneの歴史を振り返る中で、どのようにして進化を遂げてきたのかを知る一助になることでしょう。